ハリー・ポッターで英語を勉強してはいけない5つの理由!

勉強法まとめ
2015.09.09

harry potterJ.K.ローリング による『ハリー・ポッター』シリーズを知らない人は日本にほとんどいないのではないでしょうか? 現在までの累計発行部数4億5000万部以上を売り上げ、全7部という長編にもかかわらず、ワーナー・ブラザーズによって2001年から2011年まで10年もの歳月をかけて映画化されました。

また最近ではユニバーサル・スタジオ・ジャパンが本作品世界を再現した「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」を昨年オープンしたことも大きな話題となりましたね。この記事を読んでいる方の中にも、英語の勉強がてらハリー・ポッターの英語版に挑戦しようと思っている方もいるのではないでしょうか? 

そんな方のために、試しに少し原著から引用してみましょう。

Oh, yeah. Poor bloke. Brilliant mind. He was fine while he was studyin’ outta books but then he took a year off ter get some firsthand experience…They say he met vampires in the Black Forest, and there was a nasty bit’ o trouble with a hug.

         -J.K.Rowling, “Harry Potter and the Philosopher’s Stone”                          Bloomsbury Publishing

どうでしょう? 完璧に読み取れたという方はかなりの英語力をお持ちのはずです。このように『ハリー・ポッター』シリーズは私たち非ネイティブにとって読み取りづらい文章が多く含まれているため、英語学習のテキストとしては不向きなんです。その理由を以下 5つにまとめたのでご覧ください。

1. 独自の造語、表現が多い

london tower

『ハリー・ポッター』シリーズの特徴は、その作り込まれた作品世界ではないでしょうか。通貨、政治制度、教育科目、呪文、職業などの設定に割り当てられた造語は膨大な数に上ります。その中でも比較的わかりやすい”healer”(魔法使いの医者)などの単語もありますが、例えば”spellotape”(道具を治す魔法のテープ)などは一見しただけでは何を意味しているのかさっぱりわかりません。ネイティブであれば、それが一般的な言葉なのか造語なのかは判断がつきますが、辞書に頼りながら読み進める方にとってそれは非常にハードルが高いと言えるでしょう。

また、慣用句をもじった言葉遊びが多いのも『ハリー・ポッター』シリーズの特徴と言えるでしょう。例えば作品中に”ten a Knut”という表現がありますが、これは「安い」「二束三文の」を意味する”ten a penny”という慣用表現をもじったもので、Knutとは作品世界で使われる通貨単位です。この場合、慣用表現と作者の造語を理解しないと意味がわからず、こういった表現が数多く盛り込まれているのもこの作品が英語教材には向かない理由の一つです。

2. スラング、方言が多い

読みづらい

『ハリー・ポッター』シリーズは主人公を始めとする登場人物たちの会話でいわゆるスラング表現や出身地を推測させるような方言による会話が数多く使われています。これによって登場人物たちがリアルに描かれているという側面もあります。しかし、音ではなく文字でスラングを読み取るのは難しく、これから辞書を片手に読み始める方にとって教科書や辞書に載っていない表現が頻発する本作品は読みす進めるのに非常に手間がかかる作品と言えるのではないでしょうか。

スラングに関してはこちらもどうぞ↓

「英語略語&スラング」記事一覧

3. 皮肉やジョークが多い

ハリーポッター 皮肉

「イギリス人は皮肉屋だ」というステレオタイプをお持ちの方もいるかと思います。その真偽はともかくとして、イギリスで生まれた『ハリー・ポッター』シリーズは皮肉や気の利いたジョークが数多く盛り込まれています。

日本人があまりこうした冗談を言わないことも、原著から読み取るのが難しい原因の一つかもしれませんね。

 

4. 日本語版との対応の問題

翻訳の問題

 

ここまで記事を読んでこられた方で「日本語版が出てるんだから、対応させて読めば問題ない!」と思ってる方もいるかと思います。しかし『ハリー・ポッター』シリーズでなくとも翻訳小説であればなんでも当てはまりますが、文章の流れや作品の雰囲気を伝えるために、大胆な意訳や意図的な置き換えを行っている場合があります。

また日本語版の翻訳を行っている松岡佑子さんの文章はややクセのある文体と単語が特徴ですので、単語の意味の取り違いや誤解が起こってしまうかもしれません。

5. 長い!

ハリーポッター 長い

『ハリー・ポッター』シリーズが長編であることは知られていますが、英語版はどのくらいの長さなのでしょうか、以下表を作って比較してみました。

巻数 UK版タイトル(邦訳版タイトル) ページ数
1 Harry Potter and the Philosopher’s Stone(賢者の石) 352
2 Harry Potter and the Chamber of Secrets(秘密の部屋) 384
3 Harry Potter and the Prisoner of Azkaban(アズカバンの囚人) 480
4 Harry Potter and the Goblet of Fire(炎のゴブレット) 640
5 Harry Potter and the Order of the Phoenix(不死鳥の騎士団) 816
6 Harry Potter and the Half-Blood Prince(謎のプリンス) 560
7 Harry Potter and the Deathly Hallows(死の秘宝) 640

 長い! 特にシリーズ後半は全て500ページを越えています。シリーズ全部を読破するためには相当な覚悟と時間が必要になるでしょう。英語学習のテキストとしてはもう少し短めの方が望ましいですね。

いかがでしたか? 「いつかは原文でハリーポッターを読んでみたい!」と思っている方もいると思いますが、英語学習のテキストは別の教材を使ったほうが良さそうですね。

 

デスノート夜神月の最後の長セリフを英語で噛まずに言える?
海外ドラマで英会話勉強するときの3ステップをgleeでやってみた

ページの先頭へ