ドンマイをDon’t mindと同じ意味だと思っていたら、ネイティブに笑われちゃう

和製英語まとめ
2015.07.14

オンライン英会話

そもそも【ドンマイ】はジャパニーズイングリッシュ(和製英語)

皆さんはスポーツをしている時にチームメイトがミスしたらどんな言葉をかけますか?

きっと「ドンマイ」と言って励ます人が多いと思います。mindという単語は「〜を気にする、〜を嫌と思う」という意味を含んでいるので、否定を意味する don’t とmind で「気にしないで」という励ましの言葉として使われていると思います。

しかし、「ドンマイ」は和製英語であり、英語の Don’t mind は励ましの言葉として使われません。

 

Don’t mindの正しい意味とは

そもそも和製英語の「ドンマイ」の意味と異なるDon’t mind は本来どのような場面で使われるのでしょうか? Don’t mindは許可をお願いされた場合などで「私は気にしませんよ」「私は構いませんよ」という意味で使われます。

例1


Aさん: Do you mind my opening the window?
窓を開けてもよろしいですか?(=あなたは私が窓を開けることを嫌だと思いますか?)

Bさん: No, I don’t mind. Go ahead.
いいえ、気にしません。どうぞ。

例2

Aさん: Would you mind if I smoked here?
ここでタバコを吸っても良いですか?(=私がここでタバコを吸うことを気にしますか?)

Bさん: No. I don’t mind
いいえ、構いません。

以上のように Don’t mind には「えぇ、私は構いませんよ」という意味で使われます。しかし、日本語の「ドンマイ」は相手に対して「気にしないでね」と励ましているので、「ドンマイ」とDon’t mindは失敗やミスを気にするは誰か? という点で意味が異なります。

もし、友人の「ドンマイ」な場面でDon’t mind と言ったら….

友人 : I failed the last exam… 
この前の試験、不合格だったんだ…

あなた : Oh…don’t mind! Hope you will have a good score in the next one!
そっかぁ…ドンマイ(=私はあなたが不合格でも構わないよ!)次は良い結果になるといいね!

このように試験が不合格で落ち込んでる友人に対して Don’t mindと言ってしまうと「私はあなたが試験で不合格だったことなんて気にしてないよ」といった意味になり、せっかく相手を励まそうとしているのに台無しになってしまいます。

日本語の「ドンマイ」は英語で何て表現するの?

 

日本語の「ドンマイ」と同じ意味で使われる便利な6つのフレーズ

それでは、和製英語の「ドンマイ」を英語で表現するにはどうすれば良いのでしょうか?以下に便利な6つの表現をご紹介します。それぞれにニュアンスがあるので状況に応じて使い分けられると便利です。

Shake it off (気にしないで)

※shake=ふるい落とす、払い退ける

【例:チームメイトが試合中にミスをした時】
Shake it off!  Switch your mind! / 気にするな! 気持ちを切り替えろ!

Taylor Swiftの曲にも「Shake it off」という曲がありますね。この曲も身の回りにはplayer(女遊びばかりする人)、hater(嫌味ばかり言う人)、Heart-breaker(人を傷つける人)、faker(嘘つきな人)ばかりで嫌になっちゃうけど、私はそんな人達のことなんての気にしないで自分らしく生きるわ! といったようなメッセージを含んでいると言われています。

No worries   /  Don’t worry about it (心配しないで)

【例:部下が仕事で失敗した時】
Don’t worry about it. Leave it to me. / 心配すんな。俺に任せとけ。

Forget about it (そんな事忘れなよ)

【例:彼氏に振られた友人を慰める時】
Forget about it. There are plenty of fish in the sea. / 振られた事なんて忘れなよ。男は他にいくらでもいるよ。

“There are plenty of fish in the sea”の直訳は「海にはたくさんの魚がいる」ですが、恋愛関係の場面で「他にもパートナーになる人の選択肢はたくさんあるよ」という意味で慰める時に言われます。

It’s not a big deal  /  No big deal (そんなのたいした事じゃないよ)

※big deal=重大事

【例:プレゼンで小さなミスをした同僚に対して】
It’s not a big deal.  Snap out of it! / そんなの大した事じゃないよ。はやく立ち直れよ!

 It’s ok  /  It’s fine  /  You good  /  You fine (大丈夫、気にしないで)

【例:道ですれ違った時に肩がぶつかって謝られた時に】
It’s ok!! You good. / 大丈夫ですよ!

 Never mind (気にしないで)

【例:教科書を忘れた事に気づいた友人に対して】
Never mind. You can see mine.  / 気にしないで。私の見ていいよ。

Never mindは「さっき言った事は解決したから気にしないで」という意味で使われる事もあります。

【例:携帯電話が見つからずに探すAさん】
Aさん : Do you know where my cell phone is?
私の携帯電話どこにあるか知らない?

Bさん : Well… I don’t know.
うーんわかんない。

Aさん : (Ummmm..Where did I put it)….!!!   I found it !  Never mind.
(うーん…どこに置いたかなぁ)….あっ! あった! 今のは気にしないで!

いかがでしたでしょうか? これまでdon’t mind を「ドンマイ」と同じ意味だと思って使っていた方、これまでの間違いはShake it off! バリエーション豊かなフレーズを使って相手を励ますことができるとカッコイイですね!

 

オンライン英会話

ページの先頭へ