これ知ってた?I’m sorryとExcuse meの正しい使い分け方

フレーズ・表現まとめ
2015.07.07

道を尋ねたいときに「I’m sorry.」と言うとみんな「どうしたのだろう?」と心配してくれますよね。なぜ心配してるか、本当の理由を知っていますか? 彼らは「この人は何か悪いことをしたのか?」と心配しているのです。決して「道に迷ってるんだな。」と心配している訳ではありません。
なぜこのような勘違いが起こるのでしょうか? 私が「I’m sorry」と「Excuse me」の違いをご説明します。

意外と知らないI’m sorryとExcuse meの違いとは?

 

A female apologizing
「I’m sorry」は、すでに起こったことに対して、謝罪や悲しさを表す表現です。
「Excuse me」は、これから起こることに対して、許可を得る表現です。

「I’m sorry」と「Excuse me」では、使うタイミングや動機が違います。それぞれの適切な使い方をおさらいしましょう。

I’m sorryの適切な使い方

良く知られているのは「ごめんなさい。」という意味ですが、日本人があまり知らない使い方で、ネイティブの方がよく使っているものもあるので、一緒にご紹介します。
「すでに起こったことに対して、謝罪や悲しさを表す表現」ということを意識してください。

謝罪や後悔の念を表すとき

 I’m sorry that I couldn’t come.
訳:来られなくてごめんなさい。
これはみなさんよく使いますね。一般的な「I’m sorry.」です。

聞き取れなかったときに、聞き返したいとき

I’m sorry?/Sorry?
訳:何て言いましたか?
知っている人もいるかも? 「I’m sorry. Can you say that again?」と言わなくても、これだけで聞き返すフレーズになります。

同情の念を表すとき

I’m sorry for your loss.
訳:お悔やみ申し上げます。/残念でなりません。
これは知らない人が多いと思います。友人の知り合いや親族が亡くなったときに使います。

Excuse meの適切な使い方

微妙な意味合いの違いがあります。
「これから起こることに対して、許可を得る表現」ということを意識してください。

人の目の前を通る時とき

Excuse me.
訳:すみません。
スタジアムの観覧席など、人の前を通ることで少し迷惑をかけるときに言います。
自分一人でなく複数人いる場合は、「Excuse us.」と言いましょう。

人に質問したり話しかけるとき

Excuse me. Do you know when the bus is arriving?
訳:すみません。いつバスが到着するか知ってます?
人に話かけるときは、「I’m sorry」ではなく、「Excuse me」を必ず使います。「I’m sorry」と言ったら、相手が「この人は何をしたのだろう。」と心配になってしまいます。

柔らかく相手に同意出来ないと伝えるとき

Excuse me, but I don’t think I can agree with you.
訳:すみませんが、あなたと同意できません。
いきなり反対するのはではなく、「Excuse me」とクッションを入れるだけで、とても柔らかい表現になります。

「I’m sorry」と「Excuse me」の違いを理解していただけたでしょうか? 2つとも使われている状況や意味によってイントネーションが変わります。1番の練習は、耳で聞きながらマネをしてみることです。少し恥ずかしいぐらい大げさに発音してみてください。違いがわかりやすくなりますよ!

 

【保存版】世界一実用的なシーン別遅刻をしたときの英語での言い訳
Sorryだけではだめ。英語での謝罪メールの書き方

ページの先頭へ