要注意!失敗したときに使う「ミス」は和製英語だった!

和製英語まとめ
2015.07.03

英語の「ミス」を減らしていくにはどうすればよいのでしょうか?

上の文に違和感を感じたりしますか? そんな人は、ネイティブの英語に近い人かもしれません。そう、英語では「ミス」という単語はこういう使われ方をしないのです。今回は、「ミス」についての解説をします。

「ミス」は和製英語って知ってた?

A female making a mistake

実は和製英語なんです! 「ミス」の「間違え/失敗」という意味は日本にしかありません
海外で「ミス」を使うと「取りそこなう」、「間に合わない」や「恋しい」の「Miss」、または敬称の「Ms」と取られてしまって、文脈が成り立たなくなってしまいます。では、「間違え/失敗」を表現するときはどのような言葉を使うのでしょうか? これから正しい英語表現をご紹介します。

ミスをしたとき海外ではどのように表現する?

A male making mistake

I made a mistake.
訳:失敗をしました。
「Mistake」は動詞では無いということを覚えておいてください。

I didn’t [get/do] it right./I [got/did] it wrong.
訳:間違えました。

I mis~.
例:miscalculated, misread, misunderstood
例文:I misunderstood the assignment, and it’s due today. There is no way I can make it.
訳: 課題を勘違いしていました。今日が提出日なので、絶対に間に合いません。
注:少し特殊なものですが、失敗した行為の前に「mis」を付ける表現です。もとから単語としてあるものと、造語があるので、疑わしいを思ったら調べてみてください。

I messed up.
訳:へまをしてしまった。
親しい友人だけに使いましょう。

I blew it.
訳:台無しにしてしまった。
親しい友人だけに使いましょう。

I screwed up.
訳:めちゃくちゃにしてしまった。
親しい友人だけに使いましょう。

:英語表現はすべて過去形でご紹介しています。

「ミス」の由来は?

「ミス」の由来は「Mistake」です。いつからか、「Mistake」が「Mis」だけになってしまいました。噂と同じで、言語も遠くに行くにつれて変わっていってしまうものなのですね。海外に行った時は、ご紹介した英語表現を使ってください。


和製英語を見た時、聞いた時は本当の意味を調べてみてください。しっかり使い分けることができれば、一皮むけた英語力を身に付けることができます。現状に満足せず、英語への好奇心を忘れないでください!

 

【保存版】世界一実用的なシーン別遅刻をしたときの英語での言い訳
一言で気持が伝わる!メールで「了解」を表す英単語

ページの先頭へ